2014/7/14 第4回 「リノベーション」

皆様こんにちわ。
神戸不動産リアルティの白石です。

今日は「リノベーション」についてのお話です。

いつからか「リノベーション」という言葉を耳にする機会が多くなりました。
広告なんかでも「売主にてリノベーション済!」なんてよく目にします。

少なくとも10年以上前は、業者である私達もあまり使わなかった言葉なのですが、
高度経済成長時代からの新築志向が、経済情勢や価値観の変化などで、
中古市場が活発化してきたことが要因だと思います。

ところで「リノベーション」と「リフォーム」の違いってご存知ですか?

両者の明確な線引きや定義、解釈なのですが、
リノベーションは「再生」や「刷新」という意味にあたります。

例えば建物の構造自体に手を加え、耐久性を向上させる工事や、
室内をスケルトン状態にし、新たに機能性のある間取りに変更するなど、
「建物の価値や機能を高めること」がそれに該当します。(と思います)

そして「リフォーム」はあくまで「修復や修繕」という意味となります。
たまにクロスやフローリングを張り替えただけの物件に「リノベーション済み!」
なんて書いている業者さんもおられますが、明らかそれは「リフォーム」ですよね。

両者に厳密な定義はないので、結論から言うと、建築会社やリフォーム会社、
中古物件を扱う不動産業者が、それぞれの解釈で使っている言葉、となります。

さて、そんな数日前に売却のご依頼を頂いた「リノベーション」物のご紹介をさせて頂きます。

→神戸市垂水区塩屋町 中古戸建1980万円

神戸市出身の建築家「島田陽」さんがデザインしたお家で、
内装写真はどれも目を引くのですが、特に蛍光オレンジの壁はインパクトあります。

ところでこの蛍光オレンジ色、どこかで見覚えありませんか?

釣り好きな人なら何か感じるかもしれませんが、

このオレンジは「浮き」の色と一緒の色だそうです。

ざすがはデザイナー、センスが違いますね。

以上、リノベーションのお話でした。


特集 - 買う 探す

一戸建て

  • 新築一戸建
  • 3台以上駐車可

マンション

  • 海が見えるマンション
  • 専有面積80m<sup>2</sup>以上
  • リフォーム済

土地

  • 建築条件無
  • 50坪以上
  • 100坪以上
  • 画像リンク

    不動産・住宅に関する総合情報サイト

  • 画像リンク

    物件数No.1の不動産・住宅情報サイト

  • 画像リンク

    不動産情報サイト アットホーム